チョゴリを10段階で評価でよいシステム。

ついて松田道雄と山室静も亀井に同意しつつ、「昭和をつらぬく私たちの痔痛」や「人間への愛情」の欠如を論難した。これに対し遠山は、「現代史研究の問題点(可中央公論』五六年六月)を書いて反省と反論をおこない、歴史学の科学性を主張して歴史学と文学における人間描写の目的・方法の差異を強調するととも現代史研究の客観性は寸あるき前衛の立場」が「保証」し、「本的には二七年テーゼ、三二年テーゼの上に、歴史批判の立場」を求めると述、へた。また、篠原一は「現代史の重さと深さ」昭和天皇企昭ひろひと。帰国してまもな月、大正天皇の病名前は裕仁、幼少時となどであるいこ一年一年戦争、四一年の日米開戦H太。

企業経営においても同様である。国家財政でも変わることはない。金利の支払いを一割以内に収めるためには、借金残高がどの程度でなければならないかは自然に決まってくる。金利を一○とすれば借金残高は年間収入までに抑えなければならない。昨今のように金利水準が異常に低い場合には、借金残高がさらに大きくなっても特に支障はない。しかし、現在のような異常に低い金利水準がいつまでも続くと考えるわけにはいかない。それだけに、金利が正常に復することを想定しておかなければならない。金利支払額は金利水準しだい国債の金利は一般の金利水準よりも低い。それでも、現在の一パーセントを切る金利は異常な低ざである。かつて本格的に国債が発行きれた時点で、六・一パーセントの国債が大量に発行きれた。

資本や熟練労働者の供給は限られており、そのような稀少資源を集中的に使用する産業を奨励すれば経済全体の一人当たりの所得は上昇するのではなく、下落することになるだろう。33 1j経済学者にとって最も驚くべきことは、イシュのような高付加価値鵬帝野趣癖獅恥蹄蹄産業礼賛論者たちが実際にはどの産業が一人当たりの付加価値が高いのn位42かを調べていないということである。表4にはその結果を示してある。値単加価I実質的に高付加価値産業と呼べるのは極端に資本集約的なたばこ産業付の(1)や石油精製産業のような部門であることがわかる。一般に想像さりたれているようなハイテク産業、つまり、航空機産業や電子産業などは、当人一人当たりの付加価値額はごく平均的なものにすぎない。

何十柱かの合同葬のため式場は一百人余の遺族たちでごった返していた。弔砲がとどろき、笠の音の哀調とともに式がはじまった。遺族たちはまた新たな涙をしぼった。「天皇陛下のおんために」とか「立派な戦死をとげた」などいう言葉が弔辞の中に出て来るたびに、私には空々しいものが感じられて不思議なほど涙が出て来なかった。やがて式が終ると遺骨はそれぞれ遺族の胸に抱かれてなつかしの我家へとかえっていった。読売新聞社の十七名の白木の箱も、それぞれ同僚社員の胸に抱かれて新聞社へ遺族と一緒に引揚げた。その夜は社で前夜葬が行われたのである。変り果てた姿で帰還した十七名の英霊は何にも言わぬ。だが私の耳には彼等の無念の言葉がはっきり聞えるのであった。私は口惜しさに泣けた。翌日は十時から社葬が行われた